2016年07月21日

平成28年度高知県精神保健福祉関係機関連絡会 平成28年7月6日(水)高知城ホール

各機関の平成28年度の活動状況について

1.高知いのちの電話協会
・相談員が不足。
・本年度において養成講座を開催できない。新年度は11月から募集
・相談員相互交流の活発化のため、交流会、こころカフェの開催。

2.高知県社会福祉協議会(地域・生活支援課)
・生活困窮支援事業の相談件数2467件、プラン作り217件。
・障害者110番への電話相談2943件、9割が精神障害。
・福祉活動支援事業に1000万円の枠があり、障害者・高齢者への支援が対象。

3.高知県精神障害者家族会連合会
・運賃割引についての国会請願への署名が、県内で21000名あったことに御礼。
・四国ブロック研修会が愛媛で開催されるが、来年高知県が当番。

4.高知県精神障害者地域生活支援施設連絡会
・会員間施設間の交流親睦のための交流会を開催し、ピアサポーターの養成につなげる。
・障害者優先調達法の共同受注窓口に参画。
・委員会で防災対策を検討。災害福祉広域支援ネットワークにも参加

5.高知県精神神経科診療所協会
・10月に研修「iPhone を使った認知行動療法」
・会報「ブックレットにっせいしんNo.8」の紹介 http://www.japc.or.jp/

6.高知県精神保健福祉士協会
・医療機関が県中央部に集中していて、会員の分布が広がらない。
・7月24日海の日に、SW MSW PSW 3団体協力してソーシャルワーカーデー関連講演「地域で支える認知症」開催。
・来年高知で中四国大会開催

7.高知県断酒連合会
・アルコール健康対策基本法が制定されたが、アルコール中毒は減っていない。
・県内の断酒会4団体の連合会組織で、連合会としては四国ブロックに関係する行事と11月の啓発キャンペーンが中心。

8.高知県臨床心理士会
・国家資格「公認心理士法」が平成27年9月に成立。ご支援ありがとうございました。
・こころの健康電話相談を日本臨床心理士会で、全国一斉に実施
・熊本地震に関連して熊本市にスクールカウンセラーを派遣する。

9.日本精神科看護技術協会高知県支部
・研修会は、専門家対象の出前講義と、一般対象の出前講座を開催。
・7月14日に西部地区研修を聖ヶ丘病院(宿毛市)で開催。
・8月20日、第5回支部研修会「退院支援〜在宅支援のための研修会
〜リカバリーに大切なことを考えよう〜
 WRAP(元気回復行動プラン)ワークショップ、土佐リハビリテーションカレッジ(予定)

10.精神障害者ボランティアほっとはあと
・第16回精神保健福祉ボランティア全国の集い in 高知 を開催した。(P2参照)
・20周年記念誌の配布完了
・高知市総合体育館の建て直しのため、ソフトバレーボール大会会場を検討中。

*最後に、高知市から7月28,29日に開催される「ピアサポーター養成研修会」の案内があった。
・こころの日講演会・シンポジウム、平成25年7月6日開催
・認定看護師による出前講座(無料)実施

8.ほっとはあと(ボランティアグループ)
・第17回クリスマスコンサート、平成25年12月7日(土)、メフィストフェレス

9.日本精神科看護技術協会高知県支部
・研修会は、専門家対象の出前講義と、一般対象
の出前講座を開催。
・7月14日に西部地区研修を聖ヶ丘病院(宿毛
市)で開催。


10.高知県精神神経科診療所協会
・高知県かかりつけ医精神科医ネットワーク(GPネット)づくり検討委員会
・高知県災害時心のケア体制整備検討委員会に参加
・日精診災害支援対策全国会議、平成25年10月27日、東京

U.平成25年度予算案
事務局から提案あり、一同異議なく承認。

V.その他
次回開催時期について、3月中では新年度の計画がそろわないことから、新年度6月中にかいさいすることとする。

posted by 関係機関連絡会 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176167827

この記事へのトラックバック